勉強を5分もしなかったあなたの中卒の子どもが、わずか57日間独学で高卒認定に一発合格する方法!

高校中退を二度経験し、独学で一発合格した実体験をもとに高卒認定に関する情報を発信していきます!

【高卒認定】過去問と消去法で世界史は合格!

どうも、畑中翼です。

 

今回は世界史についてお話していきます。

 

f:id:ttth111:20160625050218p:plain

 

世界史という科目は

通常高校から習うので

 

高校を中退してしまったり

初めからいってなかったりして

 

世界史を覚えるのが初めて!

という方は中にはいます。

 

 

僕もそうでした。

 

日本史は中学時代から勉強していて

ある程度点数もほかの教科より

ずば抜けて良かったので

自信はあったのですが、

 

いざ、過去問をしてみると

ティトー、ムハンマド=アリー、ヘーゲル、ミドハト=パシャなど

聞いたこともない人物の名前が出てきたり、

 

ワッハーブ王国、新バビロニア王国、モスクワ公国、インカ帝国など

 

いろんな国や人物、出来事がたくさん出てくるので覚えることが多いです。

 

 

世界史は必須科目なので

『ニガテだからパス!』

なんてことはできません。

 

 

高卒認定の世界史がどのような問題に

なっているかを知ることで、世界史で

合格するためのヒントが見えてきます。

 

そして高卒認定に合格に

一歩近づくことができます。

 

 

逆に知らないで本番に挑むと、

全然知らない単語が出てきたり

長い問題文を永遠に読み続け

時間内に終わらなくなるかもしれません。

 

なので、世界史の問題構成や勉強、対策を
知り世界史を突破しましょう!

 

 

世界史はA・Bがありますが

Aのほうをお勧めします。

 

出題範囲がBに比べて狭いので

暗記することを少なくすることができます。

 

 

選択肢は4択で1問あたり3点、4点

という配点になっています。

 

世界史Aは最低14問正解できれば

合格することができます!

 

世界史Bは最低20問正解で

合格になります!

 

 

基本は過去問を使いました。過去問の解説には沢山の情報量が詰まっています。

 

この解説と暗記カードやノートを

活用して覚えていきましょう。

 

 

まずは大まかな流れを

つかんでいきましょう。

 

書店には1日あれば読み切れそうな

世界史の単行本がたくさんあるので

自分で気に入った本を

選び読んでみましょう。

 

ユーチューブなどにアップされてる

世界史に関する動画もお勧めです。

 

 

そしてノートには地図や

人物の写真などを貼り

出来事と関連させて覚えていきます。

 

 

ある程度覚えていれば、

知らない事柄が出てきても

あとは消去法で必然的に

選択できるようになります。

 

例えば、紀元前4世紀ごろの古代ローマがテーマの問題でAに当てはまる人物を選べ。

という問題がありました。

 

選択肢は

①クロムウェル

②ルソー

③マンサ=ムーサ

アウグストゥス

 

①と②は有名なので古代ローマの人物では

ないことが分かり、あとは2択です。

 

写真を見ると③は古代ローマではないと

判断したので必然的に

④なり、正解しました。

 

f:id:ttth111:20160625050022j:plain【マンサ=ムーサ】

f:id:ttth111:20160625045827j:plainアウグストゥス

 

過去問をメインで勉強し

数年分を何度も解き、わからないところは

調べて、問題の答え以外の選択肢も

覚えるようにしましょう。

 

 

まずはNHK高校講座でも大丈夫なので

今すぐ世界史を知っていきましょう!

 

NHK高校講座 | 世界史