読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強を5分もしなかったあなたの中卒の子どもが、わずか57日間独学で高卒認定に一発合格する方法!

高校中退を二度経験し、独学で一発合格した実体験をもとに高卒認定に関する情報を発信していきます!

【高卒認定】過去問は合格に近づける必須アイテムである

f:id:ttth111:20160609032103j:plain

 

どうも、畑中翼です。

 

今回は合格するための必須アイテムである

過去問についてです。

 

 

なぜ、過去問が必要かといいますと

過去問を解くことで、どんな問題がでるのか

どういう対策をしたら点数が伸びるのかが

明確にわかるようになります。

 

例えば、英語。

大問1なら<対話文から強く発音する単語を選ぶ>

大問2なら<対話文に適切な表現を入れる>

大問3なら<語句を並び替えて正しい文章をつくる>

 

というようになっています。

 

いきなり違う問題集をするより

高卒認定でどのような問題が出されるかを

知ることで合格にかなり近づくことができるのです。

 

 

高卒認定の過去問は過去5年分

文部科学省のHPでダウンロードすることができます。

高等学校卒業程度認定試験問題 過去実施問題:文部科学省

 

しかし、この過去問には欠点があり

それは、解説が載っていないことです。

 

これではなぜ自分が間違ってしまったのか。

正しい解き方がいっこうにわかりません。

 

そこで僕はJ-出版の過去問を使わせていただきました。

受験科目ごとの解説がわかりやすく

合格に欠かせないアイテムでした。

 

 

値段も1冊あたり、1,944円からとそれなりに高い。

受験教科8科目だと15,952円になってしまいます。

 

当時僕はアルバイトをしているも

この受験料プラスこの出費は高いです。

 

僕はAmazonで前年度を中古で買ったので

8科目そろえても半額以下の値段に

抑えることができました。

 

それでも高卒認定予備校で

数十万円払うよりはだいぶ安いのは事実です。

 

 

話がそれましたが、高卒認定で過去問と

いうのはなくてはならない存在です。

 

独学ではじめるのであれば過去問を手にとって

どのような問題がでるのか

どうのような対策ができるのかを

考え、合格に向けて頑張っていきましょう!